換金率をみよう|これで安心!クレジットカードを現金化して、緊急事態を回避!

換金率をみよう

電卓とお金

【方法と流れを覚えよう】というページでクレジットカードを現金化する流れなどを説明していますが、このページで「購入したもらった金額のうちの90%程度が現金として口座に振り込まれます。」という風に書いています。そうなんです。現金化をする場合、だいたい商品購入金額の9割程度しか現金になりません。つまり、20万円の現金が欲しい場合、20万円の商品を購入しても18万円程度しか現金にならないのです。20万円の現金が欲しければ、22万円か23万円程度の商品をクレジットカードで購入しなければならないのです。

上に書いた「90%」は現金化業者の「換金率」と呼ばれています。この換金率は業者によって異なります。ほとんどが80%から90%程度です。現金にしたい金額によっては95%程度になることもあります。この換金率が高い業者を選ぶことが大切です。換金率が高い業者ほど、現金として戻ってくる金額が増えるので、これは当然でしょう。
ただ、現金化業者の中には悪徳業者が混ざっていることもあります。そのため、異常に高い換金率を掲げている業者は避けた方がいいでしょう。目安として少額(20万円程度まで)の場合は80〜85%程度の換金率です。これが95%と書かれているような業者は、悪徳業者の可能性が高いです。

せっかくクレジットカードを現金化するなら、悪徳業者にはひっかかりたくないですよね。クレジットカードのショッピング枠を無駄に消費してしまうだけです。
現金化業者を選ぶ際は、この換金率に注目してください。

Copyright © 2017 これで安心!クレジットカードを現金化して、緊急事態を回避! .